2014年11月29日土曜日

耐震補強とオリンピック

会社で最近古い鉄筋コンクリートのマンションを一棟購入することになりました。
しかし一階がピロティーの駐車場なので、壁が少なく、地震で倒壊しないか、ドキドキです。
建て替えるのは、多額の費用がかかるし、今の居住者に退去してもらうのにも時間と費用がかかります。
そこで耐震改修を探していたら、SRFという工法があるそうです。これは柱をテーピングで補強するというもので、費用も比較的安く、一週間とかで簡単にできるとか。
最初はよく古い小学校にある、鉄のブレースや、柱に鉄を巻き付けることを考えてましたが、3.11でブレースが教室に倒れこんで、使えなくなった学校の写真を見て、考え直しました。 耐震基準が厳しくなった昭和57年以前に建てられた小学校、中学校は沢山ありますが、建て替えようにも入札に応じる業者がいないという事態になっています。
3.11のあと、南海トラフ大震災にそなえて、災害に強い街づくりに力を入れなくてはならない時に、オリンピックの話を持ち出した石原慎太郎には、あきれます。
そうでなくても東北復興需要で、資材も人件費も高騰しているのに、これでは小学校の建て替えができません。可愛い子供達の命を犠牲にしても、オリンピック誘致すべきだったのでしょうか。
そんな政治家の下したひどい判断の後でも、子供達の命を守らなくてはなりません。
SRFの耐震補強がうまくいったら、学校関係者にも教えてあげたいと思います。
ちなみに仙台でこの補強をした古い商業ビルが、建物に3.11の震災の被害がなかったので、すぐに物資の配給場所などとして活躍したそうです。 

0 件のコメント:

コメントを投稿