2016年6月7日火曜日

チャドクガによる炎症の治療は皮膚科でなくホームドクターへ

チャドクガの毒毛で全身発疹ができたので、東麻布の中西皮膚科クリニックに。予約制なので、もし先生の手が空いたら診療してくれるとのことでしたが、2時間待っても 、美容関係の予約した女性がひっきりなしに訪れて、診療してもらえそうもないので、諦めました。
午後近所のホームドクターに行ったら すぐさまチャドクガによる炎症ですねと、アレルギーの炎症を抑える錠剤アレロックと虫刺されに効くベナパスタ軟膏とステロイドのリドメックスコーワ軟膏の混合塗り薬を処方してもらいました。5日くらいまでは炎症が広がるので、薬で広がらないようにしましょうとのこと。
すでに腕、お腹は赤い湿疹がひどいので、これ以上広がらないよう、薬の効き目を祈るのみです。
中西皮膚科クリニックは断らないだけいい方で、他の皮膚科は美容専門で当日予約していない患者は断るところもありました。
チャドクガに刺された患者に別の日に予約して出直せというのが最近の皮膚科のようです。こんな時に頼りになるのはやはり近所のかかりつけ医院です。

さて発疹も治り、冬を迎え、サザンカの剪定をしました。葉の裏に黄色いチャドクガの卵を見つけてすべて除去しました。


0 件のコメント:

コメントを投稿